はじめに

iTunesでiPhoneのバックアップをパソコン内に残しておくと機種変更や故障などの時にとても便利です。
しかし、バックアップの容量はとても大きく、複数溜まるとCドライブがパンクしてしまいます。
最近では高速化のためにCドライブをHDDではなくSSDにしている方も増えています。
SSDはHDDに比べ容量が少ないので少しでもCドライブの容量は節約したいところ。
そんな時に使えるのが「シンボリックリンク」という機能です。

シンボリックリンクとは

「シンボリックリンク」とは、ショートカットのような物です。

例えば今回で言うと、「CドライブのiPhoneのバックアップフォルダ」と「Dドライブの好きなフォルダ」をシンボリックリンクします。
Cドライブ内のバックアップフォルダからiPhoneバックアップファイルにアクセスできますし、
Dドライブ内の好きなフォルダからiPhoneバックアップファイルにアクセスもできます。
要はフォルダを共有できるので、どちらかに変更があると両方同じように変更されます。

そして重要なのは次です。
シンボリックリンクを使うとCドライブ内のバックアップフォルダの容量がなくなります

つまりCドライブに作られる大容量のバックアップファイルをDドライブや外付けHDDなどに容量だけ預け、今まで同様に使えるんです。
バックアップが溜まって容量きついから移すなんて事をしなくてもいいんです。

しかし、この「シンボリックリンク」はWindowsに元々ある機能なのですが、設定にコマンドプロンプトを使用したりするのでいささか面倒です。
そして、iTunesのバージョンアップなどで設定をやり直さないといけなかったりします。
そこで便利なフリーソフト「Link Shell Extension」を使用して手軽にやってしまおうというのが今回の趣旨になります。

Link Shell Extensionとは

「Link Shell Extension」とは、Hermann Schinagl氏が制作した
「ハードリンク 、 シンボリックリンク、ジャンクション・ポイント をエクスプローラーの右クリックから設定できるフリーソフト」です。
作成したハードリンク 、 シンボリックリンク 、ジャンクション・ポイントのリンク元をプロパティ画面から確認できるようにする機能も付いており、日本語にも対応しています。

Link Shell Extensionをインストール

Hermann Schinagl氏のサイトこちらからメニューにある「Windows NT」のクリックします。
その中のTopicsにある「Hardlink ShellExtension」をクリック。
一番下の方に「Download」があるので、ご自身のWindowsOSの物をダウンロードします。

私はWindows10 64bitなので、

vcredist_x64.exe for VS2005 SP1, version 6195/June 2011 (3.0 Mb)
Link Shell Extension (3.83Mb)

この2つをダウンロードしました。
「vcredist_x64.exe」はLink Shell Extensionを使用するのに必要なので先にインストールします。

QS_20160108-194420

このようなウインドウが出たら「はい」を選択します。

QS_20160108-194332

これも「Yes」を選択するとインストールされます。

インストールしないままLink Shell Extensionをインストールしようとすると

QS_20160108-194313

このようなウインドウが出るのでインストールできません。

では次にLink Shell Extensionをインストールします。

QS_20160108-193936

このようなウインドウが出たら「はい」を選択。

QS_20160108-195219

言語の選択なので「Japanese」を選択して「OK」

QS_20160108-195226

インストールする場所を選択しますが基本的にはこのまま「Install」で大丈夫です。

QS_20160108-195259

こんなウインドウが出るので「はい」を選択してエクスプローラーを再起動します。

QS_20160108-195311

これでインストールが終了し準備が整いました。


Link Shell Extensionの使い方

それでは早速シンボリックリンクを作りましょう。
まずはじめにiPhoneのバックアップがある場所を開きます。

Documents and Settings(ユーザ名)Application DataApple ComputerMobileSyncBackup

2016-01-08 (2)

このBackupフォルダを右クリックすると「リンク元として選択」という項目があるので選択します。
そして次はDドライブに好きな名前のフォルダを作ります。

2016-01-08 (3)

フォルダを作ったらそのフォルダの中は空だと思います。
そこを右クリックすると「リンクを作成」の中に「シンボリックリンク」があるので選択します。

2016-01-08 (4)

このようなウインドウが出たら「はい」を選択。
すると空だったフォルダの中に「Backup」というフォルダができます。
中身はCドライブのBackupフォルダと同じです。

2016-01-08 (5)

プロバティウインドウを出すとリンク先も表示されています。

これでバックアップが沢山増えても使う容量はDドライブなのでCドライブを圧迫しなくなります。